apartment-p Web 玄関 | すみれ荘 | うずしお荘 | よいまち荘 | 桜川荘 | ふたば荘 | 音羽荘 | お部屋一覧 | 探し物 | 部屋を作る | 活動履歴

PopBrforeSmtp - 自分のメールサーバを迷惑メールの発進源にしないためのプロトコル

温故知新の確認


自分のメールサーバを迷惑メールの発進源にしないためのプロトコル

**POP before SMTPとは
メール送信する前に、受信した端末だけを正規利用者と判断する仕組み
送信前に受信しないと送信できません。

(注)受信した端末でも、受信後に回線切断する設定だと認証は切れてしまいます。受信後切断しない設定をするか、最初からPOP before SMTPに対応したメールソフトを使うと手軽に安全な運用ができます。

**対応したメールソフト
**対応できるメールソフト
-受信と送信が別々に操作できる手動対応ソフト
--Thunderbird
http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/

***受信と送信が別々に操作できる手動対応ソフト
-OE6/OE5.5(無償)
--OE6/OE5.5(無償)
http://www.microsoft.com/windows/ie_intl/ja/download/

-Netscape7(無償)
--Netscape7(無償)
http://www.netscape.co.jp/

***POP before SMTPに正式に対応したソフト
-EdMaxフリー版(無償)
-POP before SMTPに正式に対応したソフト
--EdMaxフリー版(無償)
http://www.edcom.jp/

-Becky! Internet Mail(シェアウエア)
http://www.rimarts.co.jp/index-j.html

**簡単な設定例(OE6の場合の例)

新規でメールアカウントを設定する場合の例をまず説明します。~
もしもすでに設定したアカウントをPOP before SMTPに対応させるには(10)からご覧下さい。

-(1)OE6のツールからアカウントを選択。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_01.gif

-(2)追加から「メール」を選択。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_02.gif

-(3)メールを送信する相手側に通知されるあなたの名前を設定します。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_03.gif

-(4)ホスティング業者から送られたアカウント資料(メールや印刷物)を元に、あなたのメールアドレスを設定します(半角英数で入力する事)。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_04.gif

-(5)ホスティング業者から送られた資料を元に、受信サーバ(POP)を設定します。受信サーバ(SMTP)は基本的に契約する接続プロバイダの設定資料にあるものを設定するのが全てにおいて楽です。接続プロバイダの送信サーバが利用禁止になっている場合に限り、ホスティング業者のPOP before SMTP対応送信サーバを使うメリットがあります。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_05.gif

-(6)ホスティング業者から送られた資料を元に、アカウント名(アカウントID)とパスワードを設定します。アカウント名はサーバコースにより@から左だけを設定する場合と、@の右も特殊な記述をする場合があります。資料をご覧ください。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_06.gif

-(7)これで追加設定は完了です。「完了」をクリックしてください。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_07.gif

-(8)POP before SMTP設定したいアカウント名を選択して「プロパティー」をクリックしてください。(もしも設定を修正したい場合も、ここから行えます。)
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_08.gif

-(9)全般設定の確認と修正はここで行えます。(修正や入力ミスがなければなにもすることはありません)
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_09.gif

-(10)上部のサーバタブによりサーバ設定の確認と修正を行えます。SMTPサーバを変更したい場合などはここで行って下さい。(修正や入力ミスがなければなにもすることはありません)
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_10.gif

-(11)上部の接続タブにより接続設定を確認してください。問題なければ「OK」で設定ウインドを閉じます。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_11.gif

-(12)ツールからオプションを選択します。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_12.gif

-(13)オプション設定ウインドが表示されますので、上部の接続タブを選択します。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_13.gif

-(14)「送受信が終了したら切断する」の設定にチェックがあると、POP brfore SMTP手順ができません。確認してもしもチェックがあれば必ず外して下さい。これでPOP before SMTPのためのOE6での設定は終了です。
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_14.gif


-通常の運用では、送信したいメールを書いたら
--「後で送信する」して送信ボックスに一旦入れる。
--受信操作をする(送受信するとエラーがでますので、気になる場合は受信のみして下さい)
http://unix.jcom.to/img/OE6/OE6_15.gif
--送信する(ここでは送受信でもエラーはでないはずです)

もしもエラーがでて送信できない場合は、再度設定を確認して送受信を数回してみてください。