apartment-p Web 施錠 | 模様替と会話 | 温故知新 | 玄関 | すみれ荘 | うずしお荘 | よいまち荘 | 桜川荘 | ふたば荘 | 音羽荘 | お部屋一覧 | 探し物 | 部屋を作る | 活動履歴

HTMLリファレンス - Webページ記述の基礎言語

Webページ記述の基礎言語

ADMLの中にHTMLを書く場合

<p="トンネルを使う<br>">

pdxサーブ(http://pdx.jcom.to/)のADMLにHTMLを書く場合はトンネルタグを使う。
 <p="<table><tr><td>">
 尾道グルメ
 <p="</td><td>">
 魚介類
 <p="</td><td>">
 ラーメン
 <p="</td><td>">
 アイス・たこやき
 <p="</td></tr></table>">

内容文書はトンネルを使わなければ、端末を問わず読めて便利。

文書情報

<!DOCTYPE>・・・・・・・・・・ドキュメントタイプを宣言

 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

<HTML>・・・・・・・・・・・・・・HTML宣言

 <html>
 <head>
 <title>文書のタイトル</title>
 </head>
 <body>
 文書の本体
 </body>
 </html>

<HEAD>・・・・・・・・・・・・・・文書のヘッダ句

 ↑<HTML>参照

<TITLE>・・・・・・・・・・・・・・タイトル

 ↑<HTML>参照

<BODY>・・・・・・・・・・・・・・文書の本体

 ↑<HTML>参照

<META>・・・・・・・・・・・・・・メタ情報句

 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
 <meta name="description" content="尾道での人付き合いを越えた知識共有">
 <meta name="keywords" content="尾道,おのみち,情報共有,日記,個人">
 <meta name="robots" content="noindex,nofollow">←ロボット出入禁止
 <meta http-equiv="refresh" content="5; url=http://0848.co4.jp/">
 <meta http-equiv="pragma" content="no-cache">
 <meta http-equiv="cache-control" content="no-cache">
 <meta name="author" content="HTMQ">
 <meta name="generater" content="notepad">

<H1>・・・<H6>・・・・・・・・・・見出し

 <h1>見出し1</h1>
 <h2>見出し2</h2>

<P>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・段落

 <p>まずはここからです</p>
 <p>つまりこういう事です</p>

テキストの表現

<FONT>・・・・・・・・・・・・・・フォントの種類・大きさ・色

これは使わないでSPANとCSSを使いましょう
 <font size="1" color="#0000ff">大きな青</font><br>
 <font size="2" color="blue">すこし大きな青</font><br>
 <font size="3">普通の文字</font><br>

<B>・・・・・・・・・・・・・・・・・・テキストを太字化

CSSで<span style="font-weight: bold">ここ大事</span>と書くのが推奨
 <b>ここ大事</b>

<I>・・・・・・・・・・・・・・・・・・テキストを斜体(イタリック)

CSSで<span style="font-style: italic">ここ大事</span>と書くのが推奨
 <i>ここ大事</i>

<U>・・・・・・・・・・・・・・・・・・テキストに下線(アンダーライン)

CSSで<span style="text-decoration: underline">ここ大事</span>と書くのが推奨
 <u>ここ大事</u>

<BIG>・・・・・・・・・・・・・・・・テキストのサイズをひとまわり拡大

CSSで<span style="font-size: large">ここ大事</span>と書くのが推奨
 <big>ここ大事</big>

<SMALL>・・・・・・・・・・・・テキストのサイズをひとまわり縮小

CSSで<span style="font-size: small">ここ大事</span>と書くのが推奨
 <small>ここ大事</small>

<S>・・・・・・・・・・・・・・・・・・打ち消し線を引く

CSSで<span style="text-decoration: line-through">ここ大事</span>と書くのが推奨
 <s>ここ大事</s>

<TT>・・・・・・・・・・・・・・・・・等幅フォントで表示

 <tt>おのみちで、迷子になると、疲れるよ</tt>
 <tt>おのみちに、食事をすると、旨いのよ</tt>

<SUB>・・・・・・・・・・・・・・・下付き文字を表示

 H<sub>2</sub>O

<SUP>・・・・・・・・・・・・・・・・上付き文字を表示

 A<sub>2</sub>= B<sub>2</sub>+C<sub>2</sub>

<MARQUEE>・・・・・・・・・・流れる文字や要素(IE4以上・NN6以上)

 <marquee>こんにちは!</marquee>

<BLINK>・・・・・・・・・・・・・・文字を点滅させる(NN3以上)

 <blink>こんにちは!</blink>

<BR>・・・・・・・・・・・・・・・・・改行する

 かくかく、しかじか<br>
 もりもり、がつがつ<br>

リンク

<A>・・・・・・・・・・・・・・・・・・リンクの出発点・到達点を指定

 <a href="http://www.google.com/">ぐーぐる</a>
 <a href="/otameshi.html">おためし</a>

<BASE>・・・・・・・・・・・・・・相対パスの基準URIを指定

<LINK>・・・・・・・・・・・・・・・関連する文書ファイルを指定

画像・動画・JAVA・音

<IMG>・・・・・・・・・・・・・・・・画像を表示

<EMBED>・・・・・・・・・・・・・プラグインデータを埋め込む(NN)

<NOEMBED>・・・・・・・・・プラグインが利用できない環境用の表示内容を指定(NN)

<OBJECT>・・・・・・・・・・・文書にデータを埋込

<APPLET>・・・・・・・・・・・JAVAアプレットを挿入

<PARAM>・・・・・・・・・・・・・パラメータを指定する

<BGSOUND>・・・・・・・・・効果音・BGMを鳴らす(IE)

表・レイアウト

<TABLE>・・・・・・・・・・・・・テーブル(表)を作成

<TR>・・・・・・・・・・・・・・・・・テーブル(表)の横方向の一行を定義

<TH>・・・・・・・・・・・・・・・・・テーブル(表)の見出しセルを作成

<TD>・・・・・・・・・・・・・・・・・テーブル(表)のデータセルを作成

<THEAD>・・・・・・・・・・・・・テーブル(表)のヘッダ行を定義

<TFOOT>・・・・・・・・・・・・・テーブル(表)のフッタ行を定義

<TBODY>・・・・・・・・・・・・・テーブル(表)のボディ部分を定義

<CAPTION>・・・・・・・・・・テーブル(表)にタイトル

<COL>・・・・・・・・・・・・・・・表の縦列の属性をまとめて指定

<COLGROUP>・・・・・・・・表の縦列をグループ化

<CENTER>・・・・・・・・・・・センタリング

<HR>・・・・・・・・・・・・・・・・・横罫線

フレーム

<FRAMESET>・・・・・・・・ウィンドウをフレームに分割

<FRAME>・・・・・・・・・・・・フレームに表示するファイルを指定

<NOFRAMES>・・・・・・・・フレームが表示できない環境用の表示内容を指定

<IFRAME>・・・・・・・・・・・インラインフレームを作成

レイヤー

<LAYER>・・・・・・・・・・・・絶対位置にレイヤー表示する(NN4.7以上)

<ILAYER>・・・・・・・・・・・相対位置にレイヤー表示する(NN4.7以上)

<NOLAYER>・・・・・・・・・レイヤーが利用できない環境用の表示内容を指定(NN4.7以上)

入力フォーム

<FORM>・・・・・・・・・・・・・入力フォーム作成

<INPUT>・・・・・・・・・・・・・フォームの構成部品(入力欄・ボタン等)を作成

<SELECT>・・・・・・・・・・・<B style="color:black;background-color:#ffff66">セレクトボックス</B>を作成

<OPTGROUP>・・・・・・・<B style="color:black;background-color:#ffff66">セレクトボックス</B>の選択肢をグループ化

<OPTION>・・・・・・・・・・・<B style="color:black;background-color:#ffff66">セレクトボックス</B>の選択肢を指定

<TEXTAREA>・・・・・・・・複数行の入力フィールドを作成

リスト

<OL>・・・・・・・・・・・・・・・・・順序のあるリストを表示

<UL>・・・・・・・・・・・・・・・・・順序のないリストを表示

<LI>・・・・・・・・・・・・・・・・・・リストの項目を記述

<DL>・・・・・・・・・・・・・・・・・定義リスト

<DT>・・・・・・・・・・・・・・・・・定義する用語

<DD>・・・・・・・・・・・・・・・・・定義した用語説明

<DIR>・・・・・・・・・・・・・・・・リスト表示

<MENU>・・・・・・・・・・・・・・メニューリスト表示

スクリプト

<SCRIPT>・・・・・・・・・・・・スクリプトを埋込

<NOSCRIPT>・・・・・・・・・スクリプトが動作しない環境用の表示内容

スタイルシート

<STYLE>・・・・・・・・・・・・・・スタイルシートを記述

範囲指定

<DIV>・・・・・・・・・・・・・・・・ひとかたまりの範囲として定義する(ブロック要素)

<SPAN>・・・・・・・・・・・・・・ひとかたまりの範囲として定義する(インライン要素)

コメント

<!-- -->・・・・・・・・・・・・・・ソース中にコメント